がん患者

1/2ページ

花見だ、桜だ、嬉しいよぉ♡

3月末お花見に出かけました 夫とてくてく歩いてね♪ がん告知が春(2012.04.12)だったから、どうしても春は様々な感情が浮かんでは消える。それこそヒュッとなる心だってね。 がん患者となった母親(私)が秘めていた野望 がんの告知から9年目 告知から10回目の春がやってくる でもね桜に罪はないからね♪ 素直に、綺麗だなー、儚げで素敵よねー、花見だ、桜だ、イェイヽ(´▽`)/ って楽しむのが一番な […]

2022年の春がやってきますね

悪性腹膜中皮腫 (あくせい ふくまく ちゅうひしゅ)という希少がんの告知を受けたのは、2012年4月12日だった。 今年の春はね、私が「希少がん患者として」生きて丸10年の春なのだ( ´艸`) ♡ 治療の際 「石綿健康被害医療手帳(保険証)」が必要で、5年に一度更新があります。 更新にあたり、いくつか書類を提出するのですが、その中の一枚は、がん拠点病院の担当医師に記入をお願いします。 2022年1 […]

がん治療に大事な「患者力」

友から相談があった。 私は面識がないのだが、友の友人ががん告知を受けたと電話があったのだという。後日会う約束をしたのだが、なんて声をかけたら傷つけなくていいのかなぁ、と。 優しくて気配り上手な彼女らしい相談だな、と心がほっこりした。 私自身の経験でしか語れないから、 それは違うかな?と思った事は友人へ伝えないでね、取捨は友に任せると前置きをしてから、話し始めた。 相手が話し終えるまで会話を挟まない […]

生きる意味とは何?

下の子どもが大学に入学してからの 私のテンションが少しおかしい(笑)。 私は下の子18歳になるまで、それまでの年月を何がなんでも「お願いだから生きさせて」、時に泣きそうに、時に前向きに、でも決して口に出さず密かに祈っていた。(がん患者となった母親(私)が秘めていた野望) つまりはそれが「私の生きる意味」であった。 だから私は「生きる意味」を達成してしまった。 もちろんそれはとてつなく喜ばしい事であ […]

お子に触発され断捨離を♡

お子が昨晩から大胆に 断捨離をしておりました。 朝「ねぇ綺麗になった!見て?」というので、拝見させていただく事に。 教科書や参考書や制服がかけられていたスペースがすっかり消え、机の上はシンプルにMacBook airが置かれていた。 新しい春のはじまりを感じる、少し大人に模様替えされた部屋は眩しく目に移り、つい触発されまして… はい、私も断捨離を行うことに いたしました( ´艸`) 高校の進学手引 […]

楽しくて楽しくて楽しい18年だった♡

2021年3月1日の今日は 下の子の高校の卒業式でした。 保護者は「卒業式ライブ配信」でしたので、どーなっつを用意し、コーヒーを淹れ、PC最前スタンバっておりました。 後方の定点カメラに映り込む位置に、うまい具合お子が座っているのを肉眼で確認しヤバハピ♡ 同級生ママとお子たちの位置確認。この時点でママチームすでに泣きそう…(笑) はじまるね!また後で!を合図に 始まりました卒業式が。 卒業生全員の […]

すっかり肩の荷が降りたようだ

がん告知を受け治療を一旦終えた時 先生は私に言った。 2年と思って生きるようにね、と。 多めに見積もっても2015年あたりと覚悟して生きようね私キャンペーンを絶賛開催中で、 だから日々は薄い氷の上を慎重に、朝が来るとほっとし、誰にも言わず決めていた目標へ向かって一歩ずつ歩みを進めていた。(がん患者となった母親(私)が秘めていた野望) とにかく子供たちの未来が不安で仕方がなかった。 だって母親なんだ […]

私が『患者会に属さない』理由と春

一足先に指先に春色がやってきた ネイルチェンジをしてきた。思い切り春満開の指先は見ているだけでテンションがあがる。明るいカラーはやっぱり心がうきうきするね♪ 私の人生、なぜか『春』は大事が起こりがちなのですけどね… 悪性腹膜中皮腫という希少がんになってから春で丸9年、10年目の「希少がんサバイバー」となる予定なんだ♡嬉しいな♪信じられないよ♪ 私はアスベスト暴露により「悪性腹膜中皮腫(あくせいふく […]

雪を見た、痩せた私とママ友と夏が蘇る

ふと窓を見ると空から雪が 舞い落ちており、いそいそココアを作ってベランダで鑑賞した、本日の寒い午後。 ふと関係ないことを思い出しました。 2012年春、私は2回手術をした。(よろしければこちらをご覧ください病歴についてご紹介) 2度目の手術の退院は7月、今後抗がん剤をどうするか、これについて考えなくてはならず、心配事は山盛りで、自分の見た目を気にする余裕はなかった。 食が細くなっていた。 たくさん […]

がん患者として生き始めて9年

がんを抱えて共に生きる人生とは 微かな体内から発する痛みに敏感なり、検査を受ければ、結果を聞くまで気に病むし、5年後〇〇開催!などいうニュースを知れば「私には関係ないや」と思う人生でもである。 通院しているのは「がん拠点病院」なので、私には心理的負担が少ないのが良い。ここにいる人全員(付き添い除く)がん患者なのだ、という安心感があるのだ。 そう「がん患者は私だけじゃない」という安心感、リラックスさ […]

もういくつ寝るとお正月?

2020年も本当にあとちょっと 毎年のように思う、一年ってあっという間だよね、というセリフ。もちろん今年も言いました(笑)。 2020年の主な出来事、私ごとです♪ 家族四人で穏やかに年を明けた冬 ブログをはじめた私 エアポケットのように子どもと過ごせた春 子離れを経験した初夏の私 子どもの頑張りに涙した真夏 子どもの進路が決まった秋 結婚25周年を祝えた初冬 下の子の18歳を祝えた冬 Netfli […]

ふと聞けた本音は何のご褒美??

ある日私はがん患者となった あたらしく「ある日私はがん患者となった」というテーマで、書いてみたいと思い3投稿を終えました。 振り返ってもやっぱり「ある日」なんです。それこそ1秒前までの私は健康だと思っていましたから。 でですね、「ある日私はがん患者となった#3」を綴っている間に猛烈なフラッシュバックが襲ってきて、やはり一人静かに夜空を見上げておりました…トホホ。 2012年9月の私は、生死の選択 […]

ある日私はがん患者となった #3

1】がんと知った心の痛みと絶望 まさか私が?しかも希少がん?! 凄まじい衝撃が私を襲い感情が追いつかない 2012年4月12日に悪性腹膜中皮腫という希少がんに罹患した事を知った私。 感情が追いつかぬまま4日後にはPET検査、1週間後に自分には縁遠いと思っていたがん拠点病院2箇所の紹介状を受け取る 直視せざるを得ない現実に向き合う事となる。 がん告知以降、激しく気持ちが奈落へむかう 感情の地獄の始ま […]

ある日私はがん患者となった #2

1】ある日突然人生にやってきた「がん」という病 ※2012年4月12日からの私の治療の流れです※ 初めてのPET検査が保険適用 4月16日  PET検査、これまた名前は知っているが人間ドックのイメージが強く、健診ではく検査なので保険適用になる、という事を考えたことがなかったので、精算の際、改めて自分はがんなのだなと思った記憶。 総合病院でPET検査 腫瘍に目印をつけるため、放射性薬剤を薬を点滴、そ […]

ある日私はがん患者となった #1

1】悪性腹膜中皮腫とわかるまで 発見は卵巣のう腫の手術中 きっかけは僅かな違和感 2012年1月、生理中に気がついた皮膚のカサつき。 左側の腰骨のうえあたりの親指くらいの範囲の皮膚が軽く引っ掻いた様な淡い赤みと、北風にさられてカサカサになった膝小僧のように乾燥していた。 生理の終わりに合わせ、カサついた部分が消えて元どおりの肌になったのが不思議だったので印象に残った。 翌月の生理の時も同じ箇所がカ […]