毒親育ち

鏡開きの話なのに、やっぱりエヴァで締めた件

七草粥の次は、鏡開きですね♪ 一昨年、近くのスーパーで半額になっていたので購入してみたのし餅が、思いの外美味しくてですね、家族で「むむー♡」と唸ったお餅。 2020年は無くなる前に「not半額シール」で良いので、確実に入手しておきたいと思った師走の初め。 フラグですね(*´ 艸`)、案の定けろりと忘れていたある夜。お子たちがコンビニに寄ったついで、そのスーパーに寄った所 「on半額シール」でのし餅 […]

はじめまして2021年、よろしくね2021年

はじめまして2021年 2021年のスタートはとても穏やかなはじまりでした。 お子は友と近所の神社へ参拝に行き、夫ともう一人のお子が「近所に詣でない?」と誘ってくれたが「ごめん、ジャニーズ見てるから私抜きでどうぞどうぞ♪」と会話した、福福しい新年。 昨年はお子の受験前だったな、と懐かしく思い返しました。 毒親育ちゆえ、年末から三ヶ日は実家へ行かなくてはならぬ事情がありましたが、絡まりを断ち切り、 […]

もういくつ寝るとお正月?

2020年も本当にあとちょっと 毎年のように思う、一年ってあっという間だよね、というセリフ。もちろん今年も言いました(笑)。 2020年の主な出来事、私ごとです♪ 家族四人で穏やかに年を明けた冬 ブログをはじめた私 エアポケットのように子どもと過ごせた春 子離れを経験した初夏の私 子どもの頑張りに涙した真夏 子どもの進路が決まった秋 結婚25周年を祝えた初冬 下の子の18歳を祝えた冬 Netfli […]

がん患者となった母親(私)が秘めていた野望

実は密かに目標を掲げておりました 子ども②が今月18歳になります進路も決まりました。イエイ♪ 2012年4月12日「悪性腹膜中皮腫」という希少がん告知の時、子ども②は小学3年生になりたてだった。 にこにこと朗らかで「ママー大好き♪」とくっついてくれる、まだあどけなさ成分がふんだんに含まれているお年頃だった。 言えなかった、絶対生きるなどと…どうしても口にし、声に出し、目標として掲げることができなか […]

がんとフラバと「感情の棚」という考え方

悪性腹膜中皮腫と複雑性PTSDと ここ数日、やるせない寂しさと向き合っていた。 私は悪性腹膜中皮腫と複雑性PTSDを抱えている。この複雑性PTSDもなかなかに厄介で、音や匂いや景色など、何気ない事がきっかけで「過去に受けた心の傷」の「痛み」がよみがえる。そう、フラッシュバックというやつだ。 対処の方法はわかっているつもり。 辛い、悲しい、不安、寂しい、やるせない気持ちは何をどうしたって「やるせない […]

がん告知。悪性中皮腫の治療選択について

悪性腹膜中皮腫の治療選択について 「がん」の治療の選択について、病院について、迷うのは皆同じなのでは?と私は思っているのでその前提でのお話です。 それでも「中皮腫」という希少がんの治療は、迷えるほどの選択がそもそも存在しない。 私が告知を受けた当時は、「アリムタ」が中皮腫に使用できるようになり、中皮腫の新たな治療が増え期待された、そんな時代だった。 私は2012年、手術をしその後「無治療」を選び、 […]

孤高という気高さへの憧れと小鹿

私は2012年4月「悪性腹膜中皮腫」 という希少がんに罹患している事を医師に告げられた。 その日から私の人生はガラリと変わってしまった。これから先どう過ごしたとしても、2012年4月12日以前の私は一生手元に戻ってこない。 というよりも、癌患者以前の私はどんな思考回路で生きていたのか、その記憶が薄らいでしまった。 時々考える。もし癌患者でなかったら… 今の私は何を考え生きていただろう?毒親、毒兄で […]

生きたいと願うこと、終わらせたいと望む気持ち

生きたい、終わらせたい、難しい感情 ここ数日、どうしようもない寂しさと一緒に生活をしていた。 生きたいと願うこと、終わらせたいと望む気持ち、その人に起こる人生の様々な絡まりがあり、人それぞれに「生きる」という意味が変わるのだろうから、それを私が良い悪いなど恐れ多くて言う事はできないから、事実を受け止めていた。 その人にしかわからない「抱える重さ」が違うからね。だからびっくりしたけれど「受け止める」 […]

大丈夫、君たちの人生は始まったばかりだ

子供が自分で決めた人生の方向 二人とも「これ」で生きていけたらいいな、希望する「これ」を叶えるため、一人は既に、一人は来春から進学します。 子供①も、子供②も「これ」と決めたけれど、「王道」は叶わなかったのですが、でも「これ」へ進むための道に踏み出す方角です。 子供①がそうでしたが、「王道」を掴みたかったという思いと、受験勉強をもう一年続ける辛さ(浪人)を天秤にかけ、大学へ進みました。 浪人したく […]

よく頑張ったね、子供たちは私の大切な宝物だ

頑張ったあなたへ 我が家の子供②の受験が終了しました。本人の希望する進路へ一歩踏み出す準備ができました。 まずは、子供②へ 本当におめでとう!!!やったね♪ あなたはお勉強は「え?なに?それって美味しいの?」ってくらいに興味の湧かないお子さんでしたね(笑)。 私が悪性腹膜中皮腫という希少がんと わかった頃、まだあなたは小さくて、あなたにはちょっと悪いところを治してもらうだけだよ、と告げました。 き […]

笑い合える幸せ、大切な人となら最高じゃないか!

笑顔でお見送り そろそろ後期の授業が始まるとの事、先日子供①を見送りました。 前回は一人シンデレラエキスプレス状態で、涙涙でして…サングラスとマスクに救われた帰り道でした(笑)。(よろしければこちらもどうぞ■) 今回は「またね!」と笑顔で別れの挨拶を交わし手を振り見送りました! その日の夜、「着いた」と電話があり、二人して「距離を感じなくない(笑)?」の感想が漏れまして、互いにそう感じている事がと […]

羽ばたくために深くしゃがむんだ

中皮腫患者となって9回目の夏 子供たちがリビングにいる幸せをはむはむ噛み締めております。 顔を見て話せる幸せ、格別ですね。 少し離れていましたが、子供①はやはり子供①でしたし、私の知らない子供①でもありました♪ 希望の道に進むために、自分は今何を身につけるべきか、深く考え、知識を吸収している姿が、会話から垣間みえます。そして私の好き路線の情報をくれるので、楽しくてウキウキ過ごしております。 子供た […]

スキンケアの簡素化と何故かライブの水問題を語る

スキンスケアの簡素化と水問題 私は基本効率化を図るのが好きかつ面倒くさがりなので、なるべく簡単で自分の肌と相性が良いもの。そう簡素化に辿り着くまで様々試してきました。 好きなんです、スキンケアLoveです(若干沼?)。ですから、海外、国内、とウキウキ試供品やらお試しサイズやら試してきました。 昨年、大胆な断捨離を決行したのです。(断捨離の理由、毒親に関する話になりますが、よろしければお立ち寄りくだ […]

【楽していこう|悪性腹膜中皮腫と沼】、はじめました

中皮腫患者mochiと申します。 2020年5月現在ざっくり50歳。夫とお子二人の主婦、機能不全家族に生まれた毒親育ち。 2012年4月、希少がん発覚。 手術後「2年と考えて生きてね」とさらり余命期間を受け、子どもの未来を案じ無我夢中で生きました。2年間どう生きていたか記憶薄く…、3年目その状態に少し慣れ、そこで改めて自分の人生を考える余裕が芽生えました。 私の体内情報と照らし合わせると、私は夫と […]